工事紹介

―進捗状況-

10月末  計画:25.6% 実施:25.8%

―施工状況-

『東利根別川工区』

10月は、鋼製水路の設置・河川切替を行い、既設護岸・床版ブロック撤去および河川土工の施工を行いました。 施工スペースが狭いので、施工効率や安全性を向上させるため3DMCバックホウを使用し施工を行っております。 10月に入ってからは、雨天が多く河川の水位が度々上昇しましたが、鋼製水路のおかげで施工箇所が浸水することなく施工を行うことでき工程通りに進捗しております。

『南利根別川工区』

10月18日より仮設工および河川土工の施工を開始しましたが、雨天続きのため盛土の施工が思うように進んでいませんが雨水処理等の対策をしっかり行い 11月は護岸工、舗装工の施工を行い完了させる予定です。 引き続き、学校関係者各位、近隣の皆様には工事車両の通行、建設機械から発生するエンジン音等により何かとご不便、ご迷惑をお掛けしますが 安全を最優先させ施工を進めてまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い致します。

-現場代理人 山田-

―創意工夫-

●10月14日~15日の2日間の日程で、北海道岩見沢農業高等学校・農業土木工学科の1年生、2年生、3年生を現場に招き現場見学会を開催しました。  

日々、授業の中でi-Constructionの柱となるICTの全面的な活用について学ばれているという事で、現場でどのように測量、設計、施工、検査を実施しているかを実際に、工事現場の雰囲気を体感してもらいながら、ドローンや3DMCを使用し説明を行いました。

―その他-

●北海道岩見沢農業高等学校・生活科学科の生徒により10月毎週金曜日に開催されている岩農ショップを利用させて頂きました。  

生徒が育てた、お米、野菜、卵、牛乳、チーズ等、どれも新鮮で大事に育てらていることが伝わってきました。多くの方が来店されていて、私の整理券は54番だったこともあり、お目当てだった牛乳を買うことができませんでしたのでまた利用させて頂きたいと思います。 皆さんのとても明るい笑顔に元気を分けて頂きました!